5月21日、都内で、米ドラマ『THE MENTALISTメンタリストの捜査ファイル シーズン3』のトークイベントが行われ、タレントの石田純一(58)、メンタリストのDaiGo(25)、上級捜査官テレサ・リズボン役で出演するロビン・タニー(39)が出席した。

同ドラマは、犯罪心理スペシャリストのパトリック・ジェーンが、CBIと共に凶悪犯罪事件を捜査、解決していく犯罪ミステリー。シーズン3ではパトリックが宿敵『レッド・ジョン』とついに対面する。

10年ぶりに来日したタニーに、石田は「とってもチャーミング。実物の方がキレイですね」とニンマリ。また、この日朝の金環日食について「日食見ました!感動しました!」と興奮気味。妻でプロゴルファーの東尾理子(36)と一緒に見たといい、「何百年に一回って言われるとロマンチックで、もう一回プロポーズしそうになっちゃいました」と照れながら話した。

イベントでは、DaiGoによるフォーク曲げなどのパフォーマンスも行われた。目隠しをされたDaiGoに、自身が選んだパネルの内容を当てられてしまったタニーは、「私の時差ボケを治してくれませんか?」と茶目っ気たっぷりにお願いすると、会場から笑いが起こった。(撮影:河崎文雄)