6月5日、東京・渋谷のNHKで、BSプレミアム『謎の巨大生物を追う~仲間由紀恵・小笠原の海をゆく~』の会見が行われ、女優の仲間由紀恵(32)が出席した。

仲間は、巨大海洋生物が集う世界有数のスポットである小笠原諸島に渡り、世界最大の無脊椎動物であるダイオウイカやその天敵のマッコウクジラやザトウクジラを生で目撃すべく海に出る。

出身の沖縄はもちろん、オーストラリアなどさまざまな場所でダイビングを経験しているという仲間。初体験の小笠原の海について「小笠原の海は沖縄とかと比べると、すべての生き物がちょっとずつ巨大でしたね。キレイに収まっているという感じじゃなくて、野生そのままの感じ。すごくパワフルでちょっと男っぽい海だなと感じました」と笑顔を見せた。

また、5時間も海をさ迷って遭遇したというマッコウクジラとの出会いは印象的だったといい「ずっと船の上で、酔うのを気合で防いで待っていたら急にマッコウクジラが現れて、目の前で見ることができました。潮を吹くのを見た時に苦労が報われました」と振り返っていた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: