AKB48の27枚目のシングルを歌うメンバーを選ぶ、『第4回選抜総選挙』が6月6日、日本武道館で開催され、昨年2位の大島優子(23)が、1位に返り咲いた。メンバー237人が立候補。投票数も過去最多の138万4千122票にのぼり世間の注目を集めた。そして今回、努力の末、圏外から36位に躍進し注目されたのが仲谷明香(20)だ。

「声優が夢だった私は、第3期オーディションに合格し、‘07年に公演デビューしましたが、これまで3回の総選挙では、順位も票数も発表されない、非選抜メンバーでした」

今年の4月に自叙伝『非選抜アイドル』を上梓した仲谷。中学の時の同級生である前田敦子(20)がきっかけでAKB48を知ったという仲谷。彼女は自身が“非選抜”であることに、人一倍思い入れがあるという。

「初めは選抜メンバーを目指してあがきました。でも去年、1位になり涙するあっちゃん(前田敦子)を隣で見ていたとき、自分が非選抜であることを『おもしろい』と感じることができて、やりがいを見いだしたんです。選抜メンバーは、非選抜メンバーがいるからこそ生まれる存在だと気づきました」

前出の『非選抜アイドル』は現在約5万部のベストセラーとなっている。総選挙当日、プロデューサーの秋元康からは仲谷を驚かす発言があった。

「本番前、秋元先生が『仲谷の本を読んでこの思いをみんなにもってほしい』と言ったんです。4月に発売になったときも、秋元先生がメンバーみんなに本を配ってくれました」

総選挙発表が始まり、仲谷は圏外から36位に入り、ネクストガールズに選ばれた。初めてトロフィを手にした仲谷。昨年9位から4位へ大躍進をした指原莉乃(19)からも祝福してもらったという。

「本番後、舞台裏でさっしー(指原莉乃)と目が合い、『おめでとう』と言おうとした瞬間、先にさっしーから『おめでとう』と、お祝いの言葉をかけられました。私にとってこのトロフィは宝物です。今まで後ろや端のポジションになじみがありましたが、ネクストガールズとして、センターに近い場所でのミュージックビデオの撮影が楽しみです」

関連タグ: