26日、都内で、女装家のミッツ・マングローブ(37)、ギャランティーク和恵(年齢非公表)、メイリー・ムー(33)の3人で結成された歌謡ユニット『星屑スキャット』がデビュー曲『マグネット・ジョーに気をつけろ』のリリース記念イベントを行った。

結成8年目で、念願のCDデビューが叶った。ミッツは「まさかデビューできる日が来るとは思わなかった」と感激の様子。「初登場何位になる?」と質問されると「息が長く売れてほしいですよね、みなさんに聞いていただきたいなと思っているので」と長期戦の構え。「余興みたいな人生を送ってきた私たちが、かなり本気でやっております。私たちの壮大な悪ふざけを、皆さんも一緒に楽しんでいただければ」と話した。

また、同日に消費税増税法案が衆院で可決されたことにちなみ、ミッツは「税金も上がるので、無駄遣いするならバカバカしい私たちのCD買ってもらって新人賞を獲らせませんか!?」とアピールした。

さらに紅白出場の目標も掲げたが、白組か紅組かについてギャランティークは「今年からロゼ組とかできたらいいよね」と提案。「ワインじゃないんだから!」とメイリーが突っ込んで、笑いを誘っていた。(撮影:小山伸正)