「これから、また新しい環境に行きますけれども、自分らしさを忘れずに、家族を大切にしていける33歳になっていきたいと思います」

6月29日の放送で『情報プレゼンター とくダネ!』を卒業した中野美奈子アナ(32)。夫(36)の整形外科医の海外赴任先について行くため、7月末でフジテレビを退社する。

新人だった11年前から『めざましテレビ』を務め、フジテレビの看板アナだった中野。今回の一大決心を相談した相手は、1年先輩の高島彩アナウンサー(33)だった。「入社以来『めざまし』で一緒だった高島とは姉妹以上の関係。よく2人だけで旅行に出かけ、悩みを聞いてもらっていました」(フジテレビ関係者)

『自分らしくいるのは難しいけれど、自分らしく生きて行こうよ!』という高島の言葉に励まされ、中野は一昨年の結婚時もアドバイスを受けたという。「中野さんは夫の海外赴任が決まるやいなや、何度も高島さんに電話やメールで相談を重ねたそうです」(別のフジテレビ関係者)

最後の『とくダネ!』出演時には「今後、みなさんとどこかでお会いできると思います」と“今後”の活動を示唆する発言をしていたが……。「中野は、高島のアドバイスで、退社後に有名アナウンサーやキャスターが所属する会社とマネージメント契約するものと思われます。レギュラー番組は難しいが、年末年始などの帰国時にCMに出たり、特番に出演することも考えられます」(前出・フジテレビ関係者)

年末年始には高島&中野アナの親友コンビが登場するかも!?