14日、都内で、ミュージカル『100万回生きたねこ』の製作発表が行われ、主演の森山未来(27)、満島ひかり(26)が登壇した。

佐野洋子原作のロングセラー絵本の舞台化。100万回死んで100万回生きた猫は誰よりも自分が大好き。あるとき、自分の自慢話に興味を示さない白い猫と出会い、自分よりも大切なものの存在を知るようになる。

主人公の100万回生きた猫を演じる森山と、その妻の白猫を演じる満島は今回で4回目の共演。これまでは舞台、ドラマ、映画で兄弟、友人、同級生とさまざまな役どころを演じており、今回は初めての夫婦となる。

森山と4度目の共演という満島から「最近、森山さんの顔が変わったと思ってます。偉そうなんですけど、すごく良くなってる」と褒められると、森山は思わず照れ笑い。森山は「すべてのジャンルを一緒にやった人は初めて。僕はすごく信頼している。舞台では満島に殺されてしまう設定。最後はどういうふうに満島に殺してもらえるかっていうのがすごく楽しみ」と期待を寄せた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: