21日、都内で、映画『あなたへ』の完成披露試写会が行われ、6年ぶりに主演を務める高倉健(81)、共演のビートたけし(65)らがレッドカーペットに登壇した。

本作は、高倉演じる北陸・富山刑務所の指導技官が、亡き妻の生前の真意を知るために妻の故郷・九州まで車で旅をする心温まるロードムービー。

高倉は約3000人の観客に拍手で迎えられると「お暑い中、こんなに大勢。感動していま~す!」とあいさつし「監督がこの映画に込めたメッセージがやっと最近分かりました。皆さん楽しんでください」と本作をPRした。

舞台挨拶では、たけしが高倉のエピソードを連発。『夜叉』での撮影を振り返り、「ストーブにあたりたいけど、健さんは『皆さんが働いているときに、僕はあたれません』と言うから、誰もあたれない。『お願いですから帰ってくれませんか』と言った」とこぼすと、場内は大爆笑。さらにたけしは『あなたへ』のロケで「『健さんは現場で座らない』とラジオで言っちゃったから、健さんが『あんたのおかげで俺は座れなくなった』と怒ってて。そのくらい気を使う温かい人」と明かすと、高倉は「全部、たけちゃんの作り話。迷惑してます」と切り返し、場内を沸かせた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: