29日、都内で、女優の綾瀬はるか(27)、石原さとみ(25)らを輩出してきた『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン』の決選大会が行われ、グランプリに中学1年生の菅野莉奈さん(13)が選ばれた。

応募総数2万9521人の中から選ばれた菅野さんは、歌唱審査で、被災した東北地方への応援を込めてZARDの『負けないで』を熱唱。グランプリ受賞を発表され「うれしいです。うれしいしかでてきません」と感激のコメント。「東北出身のわたしがグランプリをとったら多くの人が元気になってくれるかなと思い応募しました」と涙を流した。ホリプロの津嶋敬介実行委員長は「素材感、原石という感じがした。伸び率もすごかった」と話した。

菅野さんはグランプリ決定をもって『優希美青(ゆうきみお)』の芸名でデビューすることになったが、慣れない芸名に「優希まおみ…?」と言い間違え、笑いを誘っていた。それでも初々しい笑みで「目標は石原さとみさん。みんなを演技で感動させる女優さんになりたい」と抱負を語った。(撮影:小山伸正)