26日、都内で、パナソニック『レッツノート AXシリーズ』の新CM発表会が行われ、イメージキャラクターに起用された俳優の松田翔太(27)が出席した。

CMは重要なデータを入手した国際派ビジネスパーソンを演じる松田が、データを狙う追手から逃げる内容。人でにぎわう市場や電車の屋根の上、滑走路などを走り、映画さながらの激しいアクションに挑戦した。ヘリコプターが頭上わずか2メートルを通過するシーンには、「演技なしで逃げました」と明かした。

同商品はリングノートのように360度回転するディスプレイを搭載しており、背面方向に折りたたむことでタブレット端末に変身するほか、薄型ボディーながら頑丈設計も実現。CMでは頑丈さを表現するため、つまずいてパソコンを落とすシーンもある。松田は「相当にタフ。『実際に落としていい』ってことで、ちょっとドキドキしたんですけど、全然問題なかったです」とその頑丈さに驚いていた。

また、タイで行われた撮影については「アクション映画を撮っているような感じで、毎日大変でした。現地の人と話をしたり楽しめましたね。思い出がつまっている」と振り返っていた。(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: