6日、都内のホテルで、大手レコード会社勤務の一般人男性(34)と結婚したフリーの宮崎宣子アナウンサー(33)が披露宴を開催した。

宮崎は9月17日にハワイで親族と親しい友人だけを招いて挙式した。母親と夫が選んでくれたという純白のウエディングドレス姿で登場した宮崎は「きょうはありがとうございます」と笑顔であいさつした。

夫とは友人を交えた食事会で知り合った。当時、銀色の髪の毛にVネックという外見に「初対面は最悪だった。あんまり関わらないほうがいいと思った」と苦笑い。交際の予感すらなく「彼の良さに気づくまで2年かかった」と明かした。

「電話も取ったことがなかった」という宮崎の冷たい態度にも変わらないアプローチに、「これだけ酷い私でもいいならよっぽど良い人かもしれない」と心変わり。『半信半疑』で交際が始まったという。同8月ごろ「今度の9月4日に入籍しようと思ってるんだけど」と逆プロポーズしたという。
 
夫の似顔絵も公開。「EXILEさん全員をみんなで割った感じ。私はイケメンのMAKIDAIさん似であってほしいんですが、うちの父は『段田安則さんに似てる』って言ってます」と話し、笑わせた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: