14日、都内で、俳優の大東駿介(26)が、2013年カレンダーの発売記念イベントを行った。

昨年12月に『俊介』から『駿介』に改名し、今年に入って所属事務所を移籍した大東。今年は「自分の中でもいろいろ心境の変化があった年だったので、新しい大人になった自分を残したくて。そういう気持ちを込めて撮影しました」とカレンダー制作への思いを話した。 名前を『駿介』に変えたことについては「駆け上がろうか、みたいな。ちゃんと走っていけたらいいと思います」と思いを伝えた。

写真はこの夏、千葉・九十九里で撮影。すべての写真を1日で撮影したが、それぞれ髪の長さが異なるという。「撮ってる途中に髪の毛を切ったので、1カットごとに髪形が変わってます。1年間飾ってもらうものなので、いろんな表情ができたらと思って」とこだわりを明かし「身内には見せたことがないけど、親にはひっそりと送っておこうと思う」と話した。

そして、「来年もカレンダーのイベントをできていたらと思う。来年急にいない、とかならないように、50くらいまでは『来年も頑張ろう』と思って、この仕事をやっていきたい」と続けた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: