「川原さんを紀保さんに紹介したのは染五郎さんなんです。染五郎さんは3年前、『相棒』のスピンオフ映画にゲスト出演して『相棒』ファミリーと親しくなりました。もともと幸四郎さん一家は『相棒』の大ファンだったので、心の距離が縮まるのも早かったようです」(松本家の知人)

 姉・紀保の結婚式準備が順調に進んでいた8月27日、弟・染五郎が舞台のセリから転落する事故が起き、再起を危ぶまれるほどの大怪我を負った。

「紀保さんは披露宴の延期、もしくは中止を考えていました。弟さんに面会できたのは、ICUから一般病棟に移った9月6日です。染五郎さんはその時点で右手首の骨折を手術し、肋骨も数カ所骨折。頭蓋骨にはヒビが入っていたため、頭と胸がベッドに固定されて、動けない状態でした」(歌舞伎関係者)

ただ、染五郎の意識はしっかりしていたという。
「紀保さんには『披露宴は必ず出る。頑張るから!』と、披露宴を延期しないように訴えたんです」(前出・歌舞伎関係者)

染五郎は驚異的な回復力を見せ、9月18日に退院。10月17日には記者会見を開き、12月上旬からのドラマ撮影で復帰すると発表した。姉弟の『相棒』愛が、奇跡の回復を生んでいたのだろう。

関連タグ: