「清志さんから養育費はもらっていませんし、子どもを育てていくため、今の自分にできることは何でもやろうと思いました。シングルマザーとしてやってきたことを伝えたいですね。グラビアはもうやりません(笑)」

そう語るのは、4月にビッグダディこと林下清志さん(48)と離婚した美奈子さん(30)。あれから3カ月。著書『ハダカの美奈子』(講談社刊)は20万部を突破しFRIDAYではグラビアに挑戦。テレビ出演も急増中の彼女が1日、芸能事務所への所属を発表したのだ。

ビッグダディは美奈子さんの芸能界入りをどう思っているのか。離婚後、ダディは一部週刊誌で美奈子さんを批判し続けてきた。当初は連絡を取っていた美奈子さんだが、一連の“場外戦”は夫婦関係を変えてしまった。

「清志さんには報告していません。私は私のために生きていこうと思っているので。向こうからも連絡がないですね。というより、言っちゃっていいのかな。実は色々と報じられたことで、携帯電話の番号を変えたんです。多分、清志さんは前の番号にかけているんじゃないでしょうか」

なんと、ダディには新しい番号を教えていないという。5月には移住先の宮崎県から千葉県へ引っ越した彼女。宮崎時代には、ダディが“急襲”したこともあったが、「彼はここの住所も知りませんから、突然来ることもないと思います」と語る。つまり彼女は完全に“ダディ断ち”をしたのだ。事務所に所属したことでダディとの共演要請もありうるが、彼女は否定する。

「もし番組がめちゃめちゃになってもいいのであればオファーをお受けしますよ(笑)。……でも、やっぱり共演はNGですね。『ビッグダディ』への出演オファーも今のところはないですし、来ても受けないつもりです」

ビッグダディは3姉妹である柔美・詩美・都美をグラビアデビューさせることをFLASHで宣言している。美奈子さんの子供たちの芸能界入りについて聞くと、彼女はこう答えた。

「長女・乃愛琉は昔からモデルになりたいと言っています。二女・姫麗も『女優さんになりたい!』と言っていますから興味があるんでしょうね。親として子どもたちがやりたいことは応援したいと思っています」