アイドルグループ・モーニング娘。の誕生15周年通過を記念した写真集『モーニング娘。15th Anniversary Photobook ZERO』の発売記念握手会が10月9日に都内で行われ、現メンバーから譜久村聖(16)、鞘師里保(15)、工藤遥(13)、小田さくら(14)が出席した。

 モーニング娘。現メンバーの原点を探ることをテーマにした同写真集。メンバーそれぞれの出身地で撮影を行ったほか、9~11期メンバーの制服、プロデューサー・つんく♂(44)のロングインタビューが掲載されている。

 東京出身の譜久村は「出身地での撮影は、メンバーがいろいろな地方から集まってきているモーニング娘。だからこそできること」とアピール。広島出身の鞘師からは「小さいころよく連れていってもらった宮島で昔のように駄菓子を食べたりと、懐かしかった」という感想。さらに「メンバー10人での撮影とは違った表情になっていると思います。友達からも『普段の里保と変わらない』と言われます」とコメントした。

 モーニング娘。は3枚連続でシングルチャート1位を記録。周囲の反応については「給食の時間にモーニング娘。の曲が流れる回数が多くなりました」(工藤)「知っている曲を聞くと、最近の曲を挙げてくれる」と、それぞれが手応えを感じている様子。

 鞘師は「友達から敬語でメールが来るんです。『テレビでよく見るから気軽に話しかけられない』とも言われて。それだけ、私たちの活躍を実感している」と苦笑交じりに話した。

関連タグ: