「こんなに盛り上がった九州場所は初めてだよ。しかも相撲会場に“ポール!ポール!”の大合唱が起こるなんて前代未聞。相撲人気を助けると思って毎場所、見に来てほしいね」(長年の角界通)

 日本公演のため来日中のポール・マッカートニー(71)が、14日、ナンシー夫人(53)とともに、公演のために訪れた福岡で、相撲の九州場所を観戦した。幕内の取組前、突如現れたポール夫妻に福岡国際センターは大興奮。十両の相撲そっちのけで、ポール・コールが沸き起こった。

「彼が現れた瞬間、会場内にどよめきが起こりました。みんな土俵を見ずに、彼の一挙手一投足に注目。それでもポールはリラックスムードで、解説役となった玉ノ井親方の説明を受けて大きくうなずくなど、熱心に取組を見ていました」(地元記者)

 幕内の取組から最後の弓取り式までたっぷり大相撲を堪能したポール。とくに横綱の土俵入りには興味津々だった様子。豪快な取組に、大きな声援を送っていた。取組の間には、「ハーゲンダッツ・グリーンティー」を夢中で食べる姿も。

「彼が座った土俵正面のマス席は、九州場所では、お金持ちしか座れない特等席。まさにポールのためのマス席、ポール・ポジションで満足そうでした。一方、ナンシー夫人は退屈だったのか、足が窮屈だったのか、あくびをしたり、不機嫌そうな表情をしていたのが気になりました」

 最後もポール・コールに見送られて会場を後にした夫妻。奥さんのご機嫌取りに博多の町に消えていったのかもーー。