12日放送の初回平均視聴率が18.9%を記録し、今季民放連ドラの中で最高のスタートを切った『S‐最後の警官‐』(TBS系)。初回放送を前に映画化も決定しており、主演の向井理(31)と綾野剛(31)は気合十分だという。作中では、ことあるごとに対立する役どころの2人。プライベートでもドラマ同様、「肉体改造」バトルを繰り広げていた!

「向井さんは元プロボクサーの警察官役。そのため昨年9月から禁煙し、ボクシングジム通いを続けてきました。その結果、腕の筋肉がかなりついたそうで、『昔のTシャツが着れないよ!』と笑っていました。いっぽうの綾野さんも、体を大きくするため、週3回のジム通いに励んできました。さらに1日4食にしてプロテインも摂取。時間があれば走り込むなど、かなり本格的な肉体改造に取り組んでいました」(前出・ドラマスタッフ)

 実は12年公開の映画『新しい靴を買わなくちゃ』に出演していた向井と綾野だが、当時は絡みがなかったため今作が“初共演”。にもかかわらず現場では、息の合った姿を見せているという。そんな2人の阿吽の呼吸は、プライベートでの“熱い交流”でも培われているようだ。

「2人ともお酒が好きで、よく飲みに行くそうです。綾野さんは昨年からドラマや映画の撮影が続き、休みもほとんどなし。でも向井さんから誘われると、どんなに遅い時間でも顔を出していました。クランクインの前にも飲み明かしたらしく、そこでは作品についてではなく、“男子トーク”で大盛り上がりだったそうですよ」(前出・製作関係者)

 今では互いの自宅も行き来するほどの仲に。だが、そこでもこんな“バトル”が勃発していたという。

「向井さんと綾野さんはかなり飲むペースが早いらしく、まるで“飲み比べ”のようになることも。でも、潰れるタイミングはいつも同じだそうです(笑)。向井さんは元バーテンダーのため、自宅にはたくさんの種類のお酒が置かれているそうで、外で飲んでいても最後は“宅飲み”に。向井さんの気分がノッてくると、綾野さんにオリジナルのカクテルを作ってあげることもあるそうですよ」(前出・ドラマ関係者)

 公私ともに切磋琢磨し合っている向井と綾野。プライベートでの“イケメン共演”もぜひ見てみたい!

関連タグ: