フィギュアスケート選手として活躍してきた織田信成(26)は、昨年末に現役を引退。その後、今年に入ってからは、新たにタレントとしてバラエティ番組に出演中だ。関西出身だけあって、ノリのよさも天下一品!

「トークも上手ですし、何より彼にはプロの芸人顔負けの“泣き芸”もあります。元スポーツ選手だけあって礼儀も正しく、現場での評判もいいんです。この芸と彼のキャラクターで、一気にブレイクを果たしました」(前出・番組スタッフ)

人気上昇とともに、ギャラも大幅アップ中だという。

「彼はまだタレントとしては新人ですが、バラエティ番組ではすでに中堅芸人クラスのギャラをもらっています。価格は1時間で30万~50万、2時間の特番1本で70万~80万円くらいです。これは、吉本興業でいうとケンドーコバヤシさんや陣内智則さんらと同じくらいだそうです」(芸能事務所関係者)
 
氷上では華麗なスケートを披露していたが、番組では、決してすべらない!?

関連タグ: