馬と「壁ドン会」で話題の4人組ダンスボーカルグループのKaleido Knightが3月2日にAiiAシアター開催された「FabFes.2015 SPRING」に出演し、DA PUMP / Da-iCE / CODE-V / SHUN×Beat Buddy Boi / WEBER / :RED と豪華な共演者と会場を魅了した。

Kaleido Knightは1曲目に4月1日発売7thシングル「It’s Alright」を初披露し、その後もダンスナンバーを展開、会場を盛り上げファンにはたまらないライブとなった。
Kaleido Knightは「新曲披露出来たのと、ダンスのレベルが非常に高いイベントで本当に楽しかったです。他のアーティストさのライブも見てたのですが、今すぐにでも練習したくなりました笑。」と話した。

また7thシングル「It’s Alright」MVが公開となった。
https://www.youtube.com/watch?v=SS1MPOv5lsU&feature=youtu.be
MVではメンバー各々がコスプレをするなどバラエティ富んだシーンも印象的だ。

“Kaleido Knight”は2012年8月24日に結成。2014年は、200本以上のライブを行うなど精力的に活動を行った。同年2月には、日本テレビ「ミュージックドラゴン」ドラゴンズアイに出演、8月にも日本テレビ「ミュージックドラゴン」パワープレイに5th Single「Time」起用。また12月TBS「SUPER SOCCER」のエンディングテーマに6th Single「ありがとうと思わせてくれてありがとう」が抜擢されるなど、飛躍の年になった2014年。
今年初のシングルとなる4月1日発売「It’s Alright」で更なる飛躍に期待したい。

関連タグ: