「オーディションは全然ダメで、落ちたと思っていたんです。でも、やるなら絶対に“赤”がよかったので、赤い服と赤いアクセサリーで精一杯アピールしました。それがよかったのかな(笑)」

 そう話すのは、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日系・毎週日曜7時30分〜)でアカニンジャー・伊賀崎天晴を熱演中の西川俊介(21)。彼は、芸能活動1年ほどで大役をつかんだ。

「撮影は初めてのことばかりでうまくいかなくて、現場の方が厳しく怖かったです。でも、変身スーツを着て顔が引き締まったようで、それからは優しく、アイスをおごってくれます(笑)」

 何事も後悔したくなく、やれるところまでやり遂げるのがモットー。それは恋愛も同様のようだ。

「グイグイいきます。自分を動物にたとえるならチーターだと思っていて。恋愛で後悔するの、いちばんイヤじゃないですか?後悔したくないから肉食系になったのかも。でも、振られっぱなしの人生です(笑)」