『僕には結婚してからずっと続けている”儀式”がありまして。きょうも出かけるときに、女房と『いってきます』『いっていらっしゃい』のキスをしました。それも、おでこやほっぺたではなく、唇にチュッとね(笑)』

と語るのはテレビ、映画、CMなどで大活躍中の小日向文世(61)。その顔
を見ない日はないというほど、ひっぱりだこの演技派男優だ。そんな彼が”意外な家庭での素顔”を明かした。

「僕は、仕事が終わってまっすぐ家に帰るのがいちばん嬉しい人だし、仕事がオフのときも家にいる。食べるものも、女房の手料理がいちばん好きだし、僕は家族がそばにいてくれれば、それだけでいい。父の影響を受けているのかな……。父は仕事が終わると勤務先の市役所からまっすぐ帰宅して。テレビの前に座って、お茶を飲みながらテレビを見ていた。あとは、子供たちと触れ合うことが何よりの楽しみであり、喜びという人でしたから」

「家族との時間がいちばん」という彼が結婚したのは、93年。39歳のときだった。

「女房は僕より11歳年下で、劇団の後輩でした。彼女は結婚を機に『お芝居はもういい。ちゃんと子供を産んで育てたい』と言って家庭に入った。劇団にいて、ものを創ることは好きでしたけれど、役者に対するこだわりはあまりなかったんですね」

 結婚して2年後には長男が誕生。だが、その1年後、所属していた劇団が解散となってしまう。

「仕事の場を映画やテレビといった映像の世界に求めましたが、オファーはほとんどなかった。舞台役者としてはそれなりの評価を得ていたけれど『映像の世界では無名だ』ということを思い知らされました。所属していた事務所との契約は給料ではなく歩合制でしたから、仕事をしなければお金が入ってこない。お金がなくなると、事務所の社長に『すみません。前借りお願いします』。そして、仕事が入れば返済するという生活が何年か続きました」

 47歳のときに一大転機が訪れた。木村拓哉主演の連続テレビドラマ『HERO』(フジテレビ系)に、末次事務官役で出演。これを機に次々とオファーが舞い込むようになった。

「仕事がなかった時も、僕は『そのうち何とかなる』と思っていた。後年聞いたら女房もそう思っていたそうです。『絶対何とかなる』って。少しずつでも”役者・小日向文世”をわかってもらえれば、必ずそれに応えることができるという自信があったんですね。それでも、妻子を抱え、仕事もなく家でゴロゴロしている自分に忸怩たるものがあったし、精神的にかなり落ち込んだ時期もありました。そんな僕を支えてくれたのは、まぎれもなく女房であり、2人の子供たち。いまがあるのは”家族”、”家庭”があったからですね」