image

「『そして誰もいなくなった』はミステリーの中でいちばんおもしろいかなって。最高峰かなって、私は思います!早く犯人が知りたくて、どんどんページをめくる手が早くなっていきます」

 

こう語るのは、小学校6年生になった芦田愛菜ちゃん(11)。ドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系・日曜21時〜)では、セーラー服に身を包み、家族思いのたくましい長女を演じている。

 

そんな愛菜ちゃんに“今ハマっているもの”を聞いてみると、昔から変わらず読書(特にミステリー)が大好きとのこと。

 

「読書は1カ月間で10〜15冊。1日30分くらいで、2〜3日で1冊読んじゃいます」

 

ドラマでは中学生役を演じるも、実際はまだ小学生。学校では茶道部に所属しているそう。

 

「まだやってないんですけど、金平糖を食べたりするそうで」

 

うれしそうに、笑みを浮かべる愛菜ちゃんでした。

関連タグ: