image

怒涛のスクープラッシュに沸いた2016年上半期、いったいどの記事がもっとも読まれたのか?「女性自身」恒例のアクセスランキングを集計してみたところ、1位は意外な人物だった!

参考:2015年下半期「女性自身」アクセスランキングTOP10、1位は?

 

さっそく、10位から6位まではコチラ!

【第10位】中森明菜「実家の戸籍を抜いていた」82歳父が涙の初告白

【第9位】ベッキー ゲス極・川谷の妻がすがった探偵“浮気調査1カ月”

【第8位】カズレーザー「付き合ってます」後輩男性芸人と事故物件同棲

【第7位】俺が事務所を救う!ベッキー騒動に立ち上がった“あの大物”

【第6位】杏 妊娠6カ月の大きなお腹、東出昌大がそばで優しく気遣う

やはり、上半期の話題をさらったベッキー(32)関連の記事が2本ランクイン。その他、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザー(31)の“熱愛告白”記事は6月に掲載されたにもかかわらず怒涛の追い上げでランクインを果たした。

 

【第5位】ベッキー不倫で好感度ダダ下がり?スキャンダル処女が不倫にハマる理由
5位には本誌WEB連載のおおしまりえさん「おおしまりえの芸能NEWSナナメ読み」が初ランクイン!ベッキー騒動をもとに「不倫にハマりやすいタイプの女性」を分析。ドキッとしたのは……本誌記者だけではなかったはず!

 

【第4位】宮崎謙介元議員「どうしてあんな女に…」議員妻の母が告白
続く4位は、“ゲス不倫”で話題を呼んだ宮崎謙介元衆院議員(35)。金子恵美衆院議員(38)の母親は、語気を強めながら娘夫妻を擁護した。だがその後の取材によると、宮崎元議員が「合コンに行きて~」と漏らしていたそう。夫婦の危機はまだ去っていない!?

 

【第3位】小塚と入籍の大島由香里 強さの陰に「80億円負債」の逆境
そして3位は、2月20日にフィギュアスケートの小塚崇彦(27)と入籍したフジテレビ・大島由香里アナ(32)。実家の事業倒産、自宅競売、両親離婚などなど数々の苦難を乗り越えてきた彼女の結婚。こんなしっかり者の年上妻なら、安心できそう!

 

【第2位】ASKA ブログに綴った「愛人未練」と「薬物依存」に妻愕然
惜しくも2位となったのは、なんと根強く注目を集め続けるASKA(58)。1月9日、彼がブログをアップし約9万5000字に及ぶ手記を掲載したのだ。数時間後には削除されたにもかかわらず、波紋を呼んだその内容。家族再生の道のりは、まだまだ険しいかも。

 

【第1位】荒牧陽子 不倫略奪婚から2年半「生活苦しい…」と復帰望む
そして栄えある第1位となったのは、なんと荒牧陽子(35)。本誌がスクープした不倫略奪婚トラブルから2年。久しぶりに語ったのは、苦しい生活ぶりだった。そして現在の夫・夫A氏の前妻B子さんについても初謝罪。いろんな芸能人が世間をにぎわせたなかでも、もっとも読まれたのは本誌オリジナルの記事でした。下半期も、どうぞご期待ください!

関連タグ: