image

「高島さんがこれから女優を続けていくうえで、高知さんに寄り添い続けることはマイナス以外のなにものでもありません。これからも裁判が始まれば高知さんのことが何度もクローズアップされるでしょうし、そのたび彼女にも“負の印象”がつきかねない。周囲は必死になって『絶対に離婚すべき!』と進言しています」(スポーツ紙記者)

 

6月24日に覚せい剤取締法違反で夫の高知東生容疑者(51)が逮捕されてから3週間、高島礼子(51)が6月30日に開いた涙の会見以降、同情の声が集まっている。

 

テレビ朝日の角南源五社長は「立派な会見だった」として前出の主演ドラマ続行を決定した。CMも一度は降板が報じられたが、スポンサーの花王がこれを否定。「ご本人やご子息などが問題を起こしたならともかく、50歳を超えた旦那さんの行動が仕事に影響するというのは」と、むしろ高島を慮る姿勢を見せた。

 

100点満点との評価もついた高島の会見。しかし、冒頭のように依然として彼女に高知との離婚を勧める声は後をたたないという。それでも彼女の心はまだ揺れているようだ。前出のテレビ局関係者が次のように明かす。

 

「高島さんは高知容疑者が逮捕されてから一度も会えていません。そのため彼女のなかでもまだ決心がつきかねているみたいです。それだけでなく、親しい関係者には『なんとか離婚だけは回避できないでしょうか?』と相談しているとも聞きました」

 

結婚後は夫婦でハワイ旅行へ出かける姿がたびたび報じられ、“おしどり夫婦”といわれてきた2人。公の場にもそろって出席することが多かったが、実際、高島は夫の高知に心から惚れ込んでいたという。

 

「世間から見ればさっぱりとした姉御肌なイメージの高島さんですが、そこはやはり普通の女性。彼女はもともと“尽くす女”ですし、ヤキモチを焼くこともある。結婚当初は高知が男友達と飲むときも心配で、一緒に付いていくほどだったといいます。だから夫の裏切り行為を頭で理解していながらも、高知容疑者との思い出が邪魔をするのでしょう。その狭間で、彼女はいま苦しんでいるのだと思います」(前出・スポーツ紙記者)

 

別れたほうがいいけど、やっぱり別れられない……。錯綜する思いのなか、高島は最後にどんな決断を下すのだろうか――。

関連タグ: