image

お笑いコンビ・ナイティナインの岡村隆史(46)が、28日深夜、ニッポン放送『ナイティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に生出演し、極楽とんぼの山本圭壱(48)が出演する30日放送のフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の収録について「いろんな感情が入り乱れて泣く人もいますし、怒る人もいますし、最後ケンカにもなりますし、そんなロケでした」と振り返った。

 

山本は’06年に不祥事で所属事務所を解雇され、芸能活動休止状態だったが、昨年1月に単独ライブを開催し活動を再開。今回は10年ぶりの地上波復帰となる。

 

宮崎や東京で行われたロケは、放送ギリギリまで外部に情報が漏れないよう、ロケバスを弁当のデリバリー仕様に塗装したり、出演者たちも鹿児島空港から宮崎に現地入りするなど、厳戒態勢だったという。しかし、撮影の2日後に山本の復帰が報じられてしまい、岡村も「即バレでした」と話した。

 

山本の出演について「『めちゃイケ』の宿題というか、これを1回クリアにしてしまわないと次行かれへんということでとりあえず今回やりましたけど」と語り、「オンエアはどうなってるかわかりませんけど、現場では怒号が飛び交うロケでした。『ウォー!』みたいな感じ。最後は面白おかしくできてるはずなんですけど、久しぶりに熱い、みんな色んな感情がぶつかり合って、めちゃイケメンバーも、極楽とんぼの加藤さんも『オラー!』みたいになって・・・・・・」と現場の様子を振り返った。

 

賛否両論ある山本の復帰には「10年ぶりに極楽とんぼを見ましたけど、今の若い子は極楽とんぼ時代をあまりわかってないからね。若い人たちはどう受けとめて、世間の人はどう思うのかわからないですけど、まあ見てくださいよ。そしてお茶の間の皆さんで判断してみてください」とコメントした。