image

 

乳がん闘病中の小林麻央(34)が9日、密着ドキュメンタリー番組『市川海老蔵に、ござりまする。』(日本テレビ)に出演し、夫・市川海老蔵(39)への感謝の気持ちを語った。麻央がテレビに出演するのは、昨年6月のがん公表後、この日がはじめて。

 

麻央からの提案で実現したという今回のインタビューは、今月4日に入院中の病室で行われた。ショートウィッグ姿の麻央は、カメラに向かって「闘病してから1年以上過ぎた時に『これ以上迷惑をかけられない』と言ったことがありました。(それに対して)主人が『1年がなんだよ。ずっと支えあうんだよ』と言ってくれた言葉がすごくうれしかったです」と海老蔵と二人三脚の闘病生活を振り返った。

 

また、「病気になって私自身も誰かと共有しきれない苦しみ、悲しみを経験して2年が経った今、前では理解できなかった主人の考え方、心の持ち方などを想像できるようになってきました」と夫婦としてより深く理解しあえる関係になったことを明かした。

 

つづけて麻央は「そう思うと、もし今の試練を乗り越えられた時には、病気をする前よりも、ちょっといいパートナーになれるんじゃないかな」と語り、「役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様、くださいっていつも思うんです」と涙ながらに現在の心境を告白した。

 

最後に、献身的に支える海老蔵へ「結婚していなかったら、心は死んじゃっていたかもしれない。だからすごく感謝しています」と感謝の言葉を述べた。

 

ネットでは「麻央さんに奇跡が起きてほしい」「海老蔵の決心もすごい」と番組を観た視聴者たちの感動の声があがっている。