image

 

今年1月に当時17歳女子高生との淫行疑惑で無期限謹慎処分となり、6月から仕事復帰をしていたお笑い芸人・狩野英孝(35)が7日放送のテレビ朝日系『アメトーーク!』で地上波復帰することが分かった。

 

これまでにも複数の女性とトラブルを起こしていた狩野は、女子高生との淫行疑惑をうけ、事務所から「まったく反省の色がない」として無期限謹慎処分を下されたのち、約4カ月にわたり自宅などで謹慎。6月1日に処分解禁となってからは同月10日に所属事務所であるマセキ芸能社のオーディションイベントで仕事復帰。先月はインターネットテレビAbema TVの特番に生出演するなど徐々にメディアへの出演を再開していた。

 

7日の放送では『なぜ?同じ事務所に同類芸人』と題し、各事務所の特色をフューチャー。狩野は同じマセキ芸能社のタレント・出川哲郎(53)と、お笑いコンビ・三四郎らと出演する。

 

8月31日の放送終盤に予告が流れると、すぐさまネットで話題に。「狩野英孝でるじゃん!」「待ってた!」「がんばってね」「次こそ真のイケメンになってください」と好意的なメッセージが寄せられている。