image

 

「女優業に専念すべく大学進学は諦めたようですが、広瀬さんは本当に頭が良いんです。演技力はさることながら、セリフを覚えるのが早くて、いつも驚かされます」(芸能関係者)

 

1月10日からスタートした主演ドラマ『anone』(日本テレビ系)も大好評。映画やバラエティ番組、CMにも引っ張りだこの人気女優・広瀬すず(19)。多忙を極める彼女だが、仕事の合間を縫って続ける“意外な趣味”があるという。

 

「広瀬さんは、昨年7月から始めたキックボクシングにハマっているんです。幼い頃からジャッキー・チェンに憧れていたそうで『私も強くなりたい!』と、ジムには週3で通っているそう。余裕があるときには早朝6時に1回、仕事終わりにもう1回と、1日2回の猛特訓。おかげでダイエットにも成功し、3キロ近く痩せたそうです」(前出・芸能関係者)

 

彼女が通うのは、都心のキックボクシングジム。駅から徒歩数分の好立地で、ウェアのレンタルもしていて使い勝手が良さそうだ。そして、このジムいちばんのウリはマンツーマンの指導が受けられるところ。

 

「ほとんどのボクシングジムは、1人のトレーナーに生徒が何人もいる合同練習。でも、ここはプライベートレッスンをしてくれるので、時間の融通が利くし、ほかの生徒と顔を合わせる必要もありません。芸能人には安心のシステムです」(前出・ジム会員)

 

小2からバスケットボールを始め、もともと運動神経抜群だった彼女はキックボクシングもみるみる上達しているという。

 

「彼女のパンチやミドルキックは、もはやプロ顔負けの威力。“キックの鬼”と化していますよ(笑)。あまりの上達ぶりに、仲の良いトレーナーから『女優をやめてプロのキックボクサーとしてデビューしたら?』などとからかわれているそうです」(前出・ジム会員)

 

プライベートで始めたキックボクシングだが、仕事の幅も広がりそうで――。

 

「キックボクシングを始めて約半年、最近では『すごくアクションをやりたくなった。なんだか新しい世界が見えてきた気分!』と周囲に話しているそうです」(前出・芸能関係者)

 

女性版ジャッキー・チェンの誕生は近い!?

関連タグ: