image

 

「日本中が驚いた今回の電撃婚ですが、西田ひかるさん(45)や桃井かおりさん(66)などの友人には『3月に結婚する』と伝えていたそうです」(芸能プロダクション関係者)

 

3月16日、V6の森田剛(39)と宮沢りえ(44)がついに結婚! この日、2人は連名でコメントを発表。《本日3月16日に私共は結婚いたしましたことをご報告させていただきます》と、喜びをつづっていた。

 

16年8月に上演された蜷川幸雄さん(享年80)の追悼公演『ビニールの城』で初共演し、意気投合。同年10月にはりえの自宅に森田が“お泊り”する様子を『週刊新潮』が報じた。

 

交際発覚から約1年半。これまで何度も「結婚秒読み」と伝えられてきた森田とりえ。実際、ふたりの仲睦まじい様子はたびたびキャッチされてきた。交際発覚直後の16年11月には、本誌が沖縄旅行へ出かける2人の姿をキャッチ。機内ではりえが森田にもたれかかり、到着後も手をつなぐなどラブラブだった。

 

「昨年2月には、箱根への旅行デートが報じられました。また昨年8月には森田さんがりえさんの自宅マンション近くへ引っ越していたことも明らかに。着実に、距離を縮めているようでした」(スポーツ紙記者)

 

昨年12月30日には、都心にあるゴルフ練習場に姿を見せた森田とりえ。りえがドライバーを打つ間、森田は後ろから厳しい目でチェック。“愛のレッスン”のお陰もあってか、りえのドライバーから快音が。りえは森田のもとへ駆け寄ると、唇を重ね合わせていた。そして当時、本誌はりえの左手薬指に指輪が光っていたことを報じていた。だが実はこのとき、森田の左手薬指にも同じ“お揃いの指輪”が輝いていたのだ。

 

そんなビッグカップルの電撃婚に、日本中が沸いた。りえと長年の親交がある瀬戸内寂聴さん(95)は「今ちょうど『おめでとう!』のメールを打っていたところなの!」と祝福。りえへの思いをこう語った。

 

「最近のりえさんのお仕事を見ていると、最高に充実しているなと思っていたんです。それは、森田さんとの相性がいいからなのでしょう。りえさんは、本物の女優ですからね。相手は彼女に仕事をさせてくれる男性でなければだめなのです。女優としてはもちろんのこと、女としても幸せになった。これ以上めでたい話はないです。もし私が去年死んでいたら、こんなにおめでたいことに出会えなかった。ああ、生きてて良かった!」