image

 

5月1日放送の「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)に、前作「花より男子」(同局)で花沢類を演じた小栗旬(35)が登場。大きな反響を呼んでいる。

 

第1話にも道明寺司役の松本潤(34)が“再登場”し、話題を呼んでいた今作。第2話の終盤、第3話に前作メンバーの“サプライズ出演”をほのめかすテロップが。ファンからの期待が高まっていた。

 

小栗が登場したのは、今作の主人公・平野紫耀(21)演じる神楽木晴が悩んでいるときだった。小栗演じる花沢は、白っぽいパンツに淡いピンクのパーカーを羽織り登場。神楽木が「何故ここに?」と問うと、花沢は「近くに来たからさ」と返答した。

 

さらに「こういうとき、道明寺さんならどうします?」と神楽木が悩みを打ち明けると、花沢は「さあ?司は野生だからさ、そのごちゃっとした中の1番大事なものしか眼中にないよ」とアドバイス。そして、颯爽と去っていった。

 

特にファンは、花沢のファッションに注目。小栗の“淡いピンクのパーカー”を着こなす姿に「あの頃の花沢類だ!」といった声がネットで上がっている。

 

《10年前の花沢類がそこにいた。俺たちの花沢類がそこにいた……!!!》

《道明寺のときも思ったけど、後ろ姿だけで分かる花沢類感に感動》

《花沢類は花沢類で絶対本人に自覚なしのあざとい喋り方もフード付きパーカーも道明寺司の一番の理解者であることも変わってなくて本当に最高》

 

今回の放送に、花沢類のものまねで人気となったおばたのお兄さん(29)もすぐさま反応。Twitterで《まずピンク色のパーカー探します》と宣言。さらに《すげぇな、、、小栗さん。タイムスリップしたよ》と小栗の演技を絶賛した。

 

また今回の放送は、平均視聴率が関東地区で9.6%を記録。前回の7.9%から1.7ポイントも大きく上昇している。