歌手の家入レオ(23)が、7月9日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌「もし君を許せたら」(8月1日発売)を歌うと、一部スポーツ紙が報じた。

 

記事によると、家入が月9で主題歌を担当するのは今作で3度目。同枠の主題歌は嵐とMr.Childrenがともに6回。女性歌手では中山美穂(48)の4回に続いて、家入が歴代2位。若くして、月9の“主題歌女王”が射程圏内に。今回の曲調について家入はドラマの脚本を読み込み、ミディアムバラードを完成させたという。

 

「家入さんは若いころから独自の世界観を持っていて、曲を世に送り出してきました。事務所の先輩・沢村一樹さんの主演ドラマとあり、今回はいっそう曲作りに力が入ったそうです」(フジテレビ関係者)

 

12年にデビューし、今年で歌手活動7年目を迎えた家入。ここ1〜2年、内面外見ともに大きな変化があったというのだ。

 

「以前は取材を受ける際も、自分の中で“壁”を作っていたような感じでした。しかし今やかなりオープンになり、話し方も明るくなったと評判です。そんな変化もあってか、昨年はドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系)に出演して女優デビュー。外見も洗練されてきており、『あとはいい恋愛をすればもっと曲が磨かれる』なんて期待の声も上がっていますよ」(芸能記者)

 

月9の“主題歌女王”の座をゲットするころには、歌手としてさらなるスケールアップを果たしているに違いない。