俳優の水谷豊(66)主演のテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」の新作「シーズン17」が10月からスタートすると、各スポーツ紙が報じた。

 

各紙によると、水谷演じる特命係・杉下右京の“相棒”は「シーズン14」から冠城亘役で出演している反町隆史(44)が続投。さらに前作の最終話で特命係へ左遷された浅利陽介(31)扮するサイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官・青木年男が、右京の2人目の“相棒”になるというのだ。

 

「初代“相棒”の寺脇康文さんは7シーズンつとめたものの、2代目の及川光博さんと3代目の成宮寛貴さんはそれぞれ3シーズンで卒業。反町さんは4シーズン目に入っており、水谷さんが大のお気に入りのようです。そこで今回は反町さんを卒業させるのではなく、2人体制とすることに。演技力に定評があり、水谷さんも買っている浅利さんに白羽の矢が立ちました」(テレビ朝日関係者)

 

浅利といえば、現在公開中の出演映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が大ヒット公開中。勢いに乗るなか、「相棒」へのレギュラー出演が決定したのだ。

 

「浅利さんは4歳から子役として活躍し、すでに芸歴は27年。そんななか、各媒体のインタビューで『コード・ブルー』について“役者としても人としても成長できた、転機になった作品”と語っています。そしてさらに『相棒』シリーズにも出演することで、俳優としての“格”が上がったのではないでしょうか。今秋以降、ドラマや映画のオファーが舞い込みそうです」(芸能記者)

 

息の長い俳優になりそうだ。