11月7日に公開された[Alexandros]の新作MV「アルペジオ」に木村拓哉(45)が出演。ネットで大反響を呼んでいる。

 

「アルペジオ」はPlayStation4用ソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の主題歌であり、木村は同ゲームの主人公・八神隆之の声を担当。その縁もあり“サプライズ共演”が実現したようだ。

 

同MVで木村は[Alexandros]の演奏シーンを撮影するカメラマン。音楽誌では[Alexandros]のボーカル・川上洋平(36)が「最高の経験でした」と明かしているという。

 

木村が他アーティストのMVに出演するのは初めて。Twitterでは大盛り上がりを見せている。

 

《キャーっ!めちゃくちゃカッコええ? 曲も拓哉も最高~》
《拓ちゃん確認するため見たけどアルペジオって曲めっちゃカッコイイ!!》
《木村くん出てるってわかって見てるのに、アルペジオいい曲すぎて聴き入ってしまい 木村くん出てきてドッキリしました》

 

[Alexandros]は若者に人気のロックバンド。木村のMV出演により、さらに注目を集めることとなった。

 

「SMAP時代は、名うてのミュージシャンが数多く楽曲を制作していました。特に10年以降は、新進気鋭のロックミュージシャンが携わることも。そうすることで、ロックとアイドルの架け橋となっていたのです。チャレンジ精神の強い木村さんですから、これからも驚きのコラボに期待できそうです」(音楽関係者)