竹内涼真(25)が11月13日、自身のInstagramを更新。米国時間で12日に亡くなったマーベル・コミックの原作者スタン・リーさん(享年95)との2ショット写真を公開した。

 

2人は16年12月、「東京コミックコンベンション」のオープニングセレモニーに同席。その際に撮影された2ショットのようだが、画像はモノクロ加工。「#marvel」のハッシュタグだけが添えられており、その悲しみが伺える。

 

竹内のマーベル愛は、広く知られている。

 

「竹内さんは子供の頃からマーベルが大好きでした。DVD作品をすべて揃えるだけでなく、コミックやフィギュアも集めるほど。スタン・リーさんと対面した際は『ミュータント役で!』とマーベル映画への出演を直談判していました。“神”として崇めていましたから、ショックが隠せないようです」(映画関係者)

 

ネットでは竹内の心痛を慮る声が上がっている。

 

《スタンリーがいなかったら今の日本の特撮もだいぶ違っただろうなぁ。そう考えると竹内くんの人生にも凄く影響与えてる人物だよね》

《スタン・リーさんも努力は見守ってくれているはずです》

《いつかMARVEL映画に出られることを祈っています。英語の勉強もしなくちゃね!涼真くんの夢が叶うようにずっと応援してますよ》

 

スタン・リーさんも、その“夢”の行方を天国で見守っているだろう――。