嵐のファンクラブ存続願う声が殺到「休止中でも会費払うよ」

嵐のファンクラブが10月21日、会員に向けて「21年1月以降のファンクラブの形を検討している」と明かした。20年の12月31日で活動休止となる嵐だが、ネットでは「休止中でもファンクラブを継続してほしい!」といった声が殺到している。

 

同日、嵐のファンクラブは「会員の皆様にお知らせがございます」と切り出し「2020年12月31日をもちまして嵐は活動を休止いたしますが、それに伴い、2021年1月以降のファンクラブの形を、現在、検討しております」と報告。さらに「詳細が決まりましたら皆様にご案内いたしますので、誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます」と呼びかけた。

 

続けてファンクラブは、20年12月までの会費の納め方などを伝え「今回のお知らせは、事務手続きのご案内となりますので、ご理解いただけますと幸いでございます」ともつづっている。

 

すると嵐ファンからは「検討しております」という文言に対し「これからもファンクラブを継続して!」といった声が。Twitterでは「#休止中でも年会費払うよ」というハッシュタグがトレンド入りを果たし、存続を願う声が上がっている。

 

《払わせてください 嵐ファンの証が欲しい ずっとこの会員番号で応援し続けたい 嵐と少しでも繋がっていたい》
《一切還元されなくていい たくさん、たーくさん プールしておいて いつか復活するとき それを湯水の如く使って でっかい打上花火みたいな復活ライブをぶち上げてくれたらいい ただそれだけ》
《休止中でも、年会費払うので、FCなくならないでほしいです! よろしくお願いします!》

 

さらにファンクラブの形について「検討中」と表明していることについて、ファンからは《「終了」ではなくて「検討中」としてくれたのが、どこまでも誠意があって嵐らしい嵐のFCらしい対応だなと思いました》《「こうしました」ではなくて「検討中です」って途中経過をメールでくれたのも大変ファン想いでは!?》といった声が上がっている。

 

また他アーティストのファンからは、こんな声も。

 

《#休止中でも年会費払うよ がトレンドで、嵐ファンの皆さんの気持ちに胸アツです 私は多くのヒデ友さん同様 西城秀樹 さんがこの世を旅立ってからファンクラブに入りました。ヒデキさんの功績を残す活動を微力ながら応援したいから》
《嵐のファンの皆さんがこのタグで、ファンクラブの継続を願って、トレンド入りしてますね。気持ちは痛いほどわかります。少年隊 も3人での活動がなくてもファンクラブは続いて欲しいから お願いします》

関連カテゴリー: