鈴木保奈美「私の部屋がない…」190平米豪邸での意外な悩み

「1月末に織田裕二さん(52)と中島裕翔さん(26)が4月スタートの連ドラ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)に出演することが報じられました。前作は織田さんが鈴木保奈美さん(53)と『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりに共演したことでも話題になっています。現時点(※2月4日)では発表されていませんが、鈴木さんも続編に出演するのではないかといわれています」

 

そう語るのは、テレビ局関係者。実生活は20歳を筆頭に3人の娘たちの母でもある鈴木保奈美。末娘の高校卒業も迫り、いわゆる“母業卒業”の時期を迎えている。そんな彼女は『婦人公論』最新号に掲載された小説家・林真理子(65)との対談で、意外な私生活についても語っていた。

 

《鈴木:私もエッセイを書くのはリビング。台本を覚えるのはお風呂に入っている時か車の中ですよ。》

《林:えっ、ご自分の部屋はないの?》

《鈴木:ないんですよ……。子どもはそれぞれ部屋があるのに、「あれっ、私は?」って思いますよね》(『婦人公論』2月10日号)

 

保奈美が夫・石橋貴明(58)と生活しているのは東京都心の超高級マンション。間取りは4LDK、広さは190平米以上という“豪邸”だ。それにもかかわらず彼女だけ専用の部屋がないという。

 

「彼女は茶道師範の免状も持っているそうです。てっきり自室で心を落ち着けて茶道に励んでいるものだと想像していましたが、意外でした」(保奈美を知る芸能関係者)

 

特に都市部で生活していると自室を持てないという主婦も多い。実は保奈美も、そんな女性の一人だったのだ。家族相談士・きくちみよこさんはこう語る。

 

「子育てが一段落し、自分の人生に目を向ける余裕ができるのは、50代半ばごろなのです。“自分の部屋が欲しい”という気持ちは、“時間にも気持ちにも余裕が生まれたし、自分に向き合ってみよう”ということだと思います。でも逆に、“夫の顔が見たくない”というマイナスの思いから、自室欲求が生まれることもあるようです。“母”や“妻”ではなく、自分自身に戻れる空間があるのは、とてもよいことだと思います。一概には言えませんが、自分自身と向き合う機会が持てる分、部屋を持っている女性のほうが離婚率は低いようです」

 

前出の対談によれば、長女と二女は大学生となり、現在は家を出ているという。余計なお世話かもしれないが、夫・貴明にはこの機会に部屋割りを再考してもらいたい。

 

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

関連カテゴリー: