窪田正孝「体脂肪率5%」支えは水川あさみの“絶品料理”か

俳優の窪田正孝(31)が2月23日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演。妻で女優の水川あさみ(36)と結婚後、食生活に変化があったと明かした。

 

窪田と水川は、’17年放送のフジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』での共演をきっかけに交際をスタート。約2年間の交際期間を経て、昨年9月に結婚した。

 

この日は、番組MCを務めるアンジャッシュ・渡部建(47)から「どうですか? ちょっと生活変わったりとか?」と話題を振られ、窪田は「やっぱ、お家でご飯とか食べる楽しみがすごく増えました」と結婚生活について明かした。

 

食生活にも変化があったそうで「肉がすごく好きだったんですけど、だいぶ体のことを考えるようになって、お肉の代わりに大豆ミートを最近食べています」とこだわりを語った。窪田が体脂肪率5%だと明かすと、スタジオからは「一流アスリート並み!」と驚きの声があがった。

 

窪田を“おうちごはん”好きにさせた水川の料理の腕前は、以前から知られている。’17年放送に放送されたフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』では、共演者におにぎりを握ったり、ネコ型に焼いたトーストを差し入れ。同作で共演した桐谷美玲(30)も、自身のSNSで「あさみねーさんが朝食おにぎりをにぎにぎしてきてくれた(中略)ステキ女子すぎるやろ」と絶賛している。

 

さらに、水川は今年1月28日も自身のインスタグラムに「あたいのかわいいかわいいおみそ」とラベルを張った瓶の写真を投稿。「初の味噌仕込み。愛でて愛でて出来上がりを楽しみに待ちます」と調味料からこだわっているようだ。

 

結婚生活を語った窪田にファンからは《幸せそうでよかった》《かわいすぎよな、このふたり》《家で食べるのが楽しいはいちばんの誉め言葉だと思う》といった反応が寄せられている。

関連カテゴリー: