米津玄師 ドラマ主題歌再降臨はアンナチュラル組への恩返し

シンガーソングライターの米津玄師(29)が4月スタートドラマ「MIU404」(TBS系)の主題歌を担当すると3月16日に発表された。綾野剛(38)と星野源(39)のダブル主演ドラマであり、脚本家の野木亜紀子氏を筆頭にドラマ「アンナチュラル」(同局系)チームが集結している「MIU404」。豪華タッグに驚きの声が上がっている。

 

各メディアによると新曲「感電」を書き下ろした米津は「『アンナチュラル』の制作チームとまたご一緒させて頂けることがとても嬉しいです」と明かし、「自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました」とコメント。いっぽう野木氏は「多彩な音の広がりが、軽やかで痛快で、少し切なく、いつまでも聴いていたいと思わせる、そんな楽曲です」と語ったという。

 

ともにミュージシャンである綾野と星野が主演を務めるため、「MIU404」の主題歌は「2人のユニット曲では?」との声も上がっていた。そんななか、米津の起用という思わぬサプライズ! Twitterではその豪華さに驚き、喜ぶ声が上がっている。

 

《綾野剛×星野源のドラマに米津玄師の主題歌は豪華すぎます》
《これは予想の斜め上をいく出来事ですよ!》
《朝からビリビリ痺れました 主題歌でさらにドラマが盛り上がりそうですね。放送がますます待ち遠しくなりました》
《こんな痺れる顔ぶれ、あるでしょうか? 期待しかありません…!》

 

「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」でブレイクし、同曲で紅白歌合戦にも出場した米津。再降臨は彼なりの“恩返し”なのだろうか。再び旋風を巻き起こすかもしれない!

関連カテゴリー: