aiko「朝が来ない夜はない」涙ながらの呟きにファンも奮起

aiko(44)が4月3日、「MUSIC STATION 3時間SP」(テレビ朝日系)に出演。その後、心境を吐露した呟きが反響を呼んでいる。

 

ゲストボーカルとして参加した東京スカパラダイスオーケストラの楽曲「Good Morning~ブルー・デイジー」を同番組で披露したaiko。番組終了後、Twitterに涙を拭う自身の写真とともに、こう投稿した。

 

《毎日何をすればいいのか分からず不安で息苦しい日々です。でも今日MステSPでGood Morning〜ブルーデイジーを歌うことが出来て本当に楽しかった。家で練習している時は谷中さんの歌詞が心に刺さって悲しかった。でも朝が来ない夜はないと信じてる》

 

そして《みんな頑張ろうね》と結んだ。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、過去最大規模となるライブツアーの2公演が延期となっていたaiko。そして本来ファイナル公演を開催する予定だった3月8日には、無観客ライブとして配信していた。

 

そんなaikoの切実な思いを明かしながらのエールは、わずか1日で8.5万(4日20時時点)もの“いいね”を記録。さらにTwitterではこんな声が上がっている。

 

《aikoにはファンが絶対についてるからね! 絶対離れないしaikoのこと支えたいって願ってるよ。何も出来なくてもどかしいけど、いつも気持ちは一緒です》
《楽しそうなスカパラのみなさんとのあのステージ見てすごく元気もらった!! こんな時だからこそ音楽の力すごく感じたし、aikoはやっぱりすごい》
《朝はきっと来るはず みんなで乗り越えよう いつかまた逢える日が来るでしょう その日まで必ず元気でいてね》

 

またスカパラのメンバー・沖祐市(53)はaikoのツイートを引用し《放送直後、aikoちゃん感極まってポロポロ涙が。セット脇で見守っていたスタッフさんが優しい笑顔で迎えていらして、多分そのまま楽屋に入って写真を撮ったんだろうなあ》と投稿した。さらに同じくメンバーの谷中敦(53)は《aikoちゃんお疲れ様》《終ったあとaikoちゃんの顔見たら泣けてきちゃったよ》とつづり、こう呼びかけている。

 

《でも泣くんじゃなくて笑おう、な! 最高の歌と真心をありがとう。今日の日が宝物です》

関連カテゴリー: