視聴率好調な『半沢直樹』からおなじみのシーンが消えた理由

新型コロナウイルスの影響で、3カ月遅れの7月スタートとなったTBS系ドラマ「半沢直樹」。7年ぶりのシリーズ続編で、堺雅人(46)の熱演もあって高視聴率を連発している。

 

世帯平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は初回から第5話まで22.0%、22.1%、23.2%、22.9%、25.5%と推移。

 

第5話からは新章に突入。出向先から東京中央銀行に復帰した半沢が、経営破たん寸前の航空会社「帝国航空」の再建プロジェクトに挑む。

 

前シリーズの最終話は、42.2%。その記録にどこまで迫れるかが注目される。

 

「最近のドラマは、見逃しても各局が提携する動画配信サイトで視聴できるようになっています。しかし『半沢直樹』は見逃し視聴をしていないので、リアルタイムでチャンネルを合わせている視聴者が多いようです。

 

それも高視聴率を後押しする要因の1つとなっているのでしょう」(テレビ局関係者)

 

ちなみに前シリーズでおなじみだったのが、半沢、及川光博(50)演じる渡真利、滝藤賢一(43)演じる近藤の3人が飲食店に集うシーン。

 

これまでは銀行同期入社組の3人が集まって“敵”との戦いに向けて作戦を練ったり、情報交換を行なってきたりしてきていた。

 

しかし今作では本部広報室次長となった近藤が、シンガポールに長期出張中という設定で不在。そこには、理由があるという。

 

「滝藤さんのスケジュール的に、調整が難しくなってしまったそうです。

 

というのも滝藤さんは大河ドラマ『麒麟がくる』で、室町幕府最後の将軍・足利義昭役として出演しているからです。

 

大河はコロナの影響で撮影が中断。30日から放送が再開されますが、撮影は大幅に遅れています。

 

そのせいで『半沢直樹』のスケジュールと重なってしまい、滝藤さんは現場を掛け持ちするのが難しい状態になっているのです」(テレビ誌記者)

 

とはいえ、ネット上でも3人が集うシーンを期待する声は多い。今後、サプライズが実現するかも!?

関連カテゴリー:
関連タグ: