「相棒」芦名星さん登場に反響 語っていた“癒しの場”の憧れ

10月14日、『相棒 season19』(テレビ朝日系)の第1話が放送された。ドラマ後半では、9月14日に亡くなった芦名星さん(享年36)が登場。Twitterでは、「芦名さん」がトレンド入りするほど反響を呼んだ。

 

《相棒に芦名さん……いいキャラクターだったな。綺麗な人だったな……もう見れないのが寂しい》
《ずっと相棒に出演して欲しかった 芦名さん。ずっと忘れないで想っていれば 心の中で生き続ける!!︎》
《芦名さんありがとう》

 

番組のエンディングでは、これまで芦名さんが出演したシーンとともに追悼のテロップが表示された。

 

17年の「season15」最終話からレギュラー出演し、「週刊誌フォトス」の記者・風間楓子を演じた芦名さん。水谷豊(68)演じる杉下右京と、反町隆史(46)演じる冠城亘との掛け合いは見所のひとつだった。

 

そんな芦名さんは、自身の役柄を「好奇心が旺盛で、興味があること、気になることにはどんどん目を向け、損得もはっきり自分の中で判断し、自分の勘や嗅覚を信じて行動している女性」と評していたという。

 

「もともと芦名さんは、単発で出演する予定だったそうです。ですが、水谷さんが彼女の存在感を絶賛。以降、レギュラー出演することになったのです。芦名さんは撮影現場でも、水谷さんや反町さん、スタッフとも良好な関係を築いていました。それだけに水谷さんは、突然の訃報にとても憔悴していたといいます。『相棒』にとって芦名さんは唯一無二の存在。今作で芦名さんは第2話まで登場するそうですが、その後は後輩記者など新たな役柄を登場させるようです」(テレビ局関係者)

 

今シリーズ第1話で楓子は、杉下と冠城と小料理店「こてまり」で酒食をともした。「相棒」にとって小料理店のシーンは、物語のなかで重要な役割を持つ“癒しの場”。芦名さんにとって、そのシーンは憧れだったようだ。

 

18年1月放送の「300回放送記念スペシャル」では、水谷、反町と小料理店「花の里」のシーンに挑んだ芦名さん。その時の気持ちを、同ドラマの「スタッフブログ」でこう語っていた。

 

「ただただ『わぁーーー』っと感動しました。まさかここに来れるとは! という感じでしょうか。雰囲気がとても素敵で、本当に『花の里』という料亭に来た気持ちになりました。もっとお料理が食べたかったです。水谷さんと反町さんと3人で花の里での会話シーンがあったことは本当に嬉しかったです」

 

「相棒」に彩りを加えた芦名さんの存在は、これからも愛され続けるだろう。

関連カテゴリー:
関連タグ: