image

「四半世紀という響きには、やっぱり少し、重みがありますね(笑)」
デビュー25週年を迎えた遊佐未森が、9月11日に記念アルバム『VIOLETTATHE BEST OF25YEARS』をリリース!「ベスト盤」と「セルフ・カバー盤」の2枚組全25曲で、まさに四半世紀の集大成だ。
「これまでもベスト盤は何枚かリリースしていますが、自分でしっかりセレクトしたのは、今回が初めてです」
「ベスト盤」収録曲は、デビュー曲『瞳水晶』(’88年)やCMソングに起用された『地図をください』(’89年)、NHK『みんなのうた』で放送された『クロ』( ’05 年)など、全14曲。
「なるべく年代順に、自分でも記憶をたどりながら入れました。これまで過去を振り返ることはあまりなかったので、あらためて昔の曲を聞き直すことで、さまざまなことを思い出しましたね。デビュー当時は年に2枚、アルバムをリ
リースしていたときもありましたし、とにかく忙しかったです。1年目は休みがなくて、ツアーに小さなキーボードを持参して、合間に新曲を作っていたことも(笑)」
透明感のある伸びやかな声は健在。25年間、走り続けられた秘訣は?
「起き抜けや寝る前、家事の合間に簡単なストレッチをしたりと、日々、体を動かしています。ささいなことですが、凝りや疲れの残り具合がぜんぜん違うんです。そして、何より周囲の方に恵まれていました。スタッフをはじめ、10
年以上続けている太極拳の先生、20年近くお世話になっているスポーツマッサージの先生などに支えられています。もちろん、ずっと応援してくださっているファンの方には感謝しきれません」
今は、そのお礼をしていく時期という。地元・仙台で、子供たちが作った復興ソングへの楽曲提供を行うなど、故郷にも貢献。
10月27日には、渋谷公会堂でアニバーサリーコンサート『ミモリアル ソングス』も開かれる。
「まだまだやりたいことはたくさんあります」とほほ笑む元祖癒し系ボーカリストの、今後の活躍にも期待したい!
 
ゆさ・みもり

’64年2月20日生まれ、宮城県出身。’88年、アルバム『瞳水晶』でデビュー。透明感のある伸びやかな声で、物語性のある音楽をたてつづけに発表。通常のホールコンサートのほか『cafe mimo 桃節句茶会』『bonbon niere』など、小編成&アットホームなライブも精力的に行っている。’12年にリリースし
たアルバム『淡雪』では、故郷・宮城へのあふれる思いをつづり、高い評価を得た。

CD『VIOLETTA THEBEST OF 25 YEARS』デビュー25周年アルバム

4,410円(税込み)で、ヤマハミュージックコミュニケーションズより発売中