image

 

「久しぶりのボートレースなんですよ。マスコミの前で、みっともない姿は見せられませんから気合が入っています」

 

こう語ったのは、10日に「ボートレース江戸川」で行われた新刊出版記念イベントの会場に、朝いちばんに現れた蛭子能収さん(70)。人からどう思われるかより、自分がどう生きるかを大切にしてきた――。そんな蛭子流の生き方をまとめた自己啓発本『笑われる勇気』。出版イベントでは名前を冠したレース「蛭子能収『笑われる勇気』賞」が行われ、多くの報道陣を招いていた。そして本日、10月21日についに70歳の古希を迎えた蛭子さんは勇ましく語る。

 

「そりゃ、そうですよ。今日は、女房から2万円もらってきました。オレも20歳のときから50年もボートレースをやってきましたからね。今日はみんなの前で勝って見せますよ。今日のレース場のコンディションを確かめるために早く来ましたけど、幸先よく、1レースと2レースで勝つことができました」(蛭子さん・以下同)

 

単にボートレースがやりたくて、会場に早く来たわけではなかったようだ。いよいよ勝負の「蛭子能収『笑われる勇気』賞」が始まった――。が、いきなり予想した4号艇が失速して大ハズレ。「あ~だめだ……」と肩を落とす蛭子さん。期待を裏切らない(?)結果に、報道陣からは失笑が……。そんな蛭子さんだったが、レース後の出版記念会見では、次の“自由に楽しく生きる”秘訣を披露してくれたのであった。

 

【好きなことは何よりも優先すべし!】

 

「心から楽しめるのは、ボートレースなどのギャンブルです。働かなくても金を増やすことができますからね。ギャンブルのためなら、何をおいても、という強い意志が必要です」

 

【好きなことを楽しむには、まず働くべし!】

 

「好きなことを楽しむためには、自分で稼がなければいけませんよね。でも、働くことが生きがいになるのはつまらない。好きなことを楽しむために、人生はあると思いますよ」

 

【失敗しても笑ってくれたらそれでいい!】

 

「失敗は誰でもします。でもクヨクヨせずに、ネタにしたほうがいいと思いますよ。マスコミの前で、ボートレースで負けても、みんなが笑ってくれたと思えばいいんです……」

 

「きれいごとでは人生の悩みは解決できない」と気づき始めたあなた! 世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』を読めば心が楽になるはず!?

 

 

【蛭子能収70歳記念出版】心が楽になりすぎる、
“世界一ゆるい自己啓発本”爆誕!

 

image

この秋、“世界一ゆるい70歳”となる漫画家・蛭子能収さんが、世界一ゆるい自己啓発本を刊行。「人からどう思われるか」ではなく「自分がどう生きるか」のみに大切に考えて生きてきた蛭子さんが贈る、心が楽になりすぎる一冊『笑われる勇気』(光文社・900円+税)は、好評発売中!

 

詳しくは特設ページへ。https://goo.gl/m7kkNV

 

関連タグ: