image

 

「最近は『ジャンクSPORTS』でアスリート相手にツッコミを入れるタイミングを探すのが、楽しくなってきたんですよ」

 

こう語るのは、8年ぶりにレギュラー放送復活した『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系・日曜19時~)でMCを務める浜田雅功(54)。浜ちゃんといえばツッコミ。どつかれると“出世する”と都市伝説化しており、最近はサッカーの槙野智章選手の結婚が決まり“幸せになれる説”まで浮上!

 

「槙野選手ね、結婚のこと、黙っとった!(笑) まぁ、結婚したのはボクのツッコミとは関係ないと思うけど……。ツッコミって、相手が何かしゃべってくれないとイケないし、しゃべっても静かなしゃべり方だとイキにくい。そのときのスタジオの流れとか、そのときに何か跳ねていたらイケるんであって、その状況によるんでね」

 

アスリートと芸能人に違いはあるのだろうか。

 

「そもそも、アスリートの人たちは、芸能人とは全然違う。面白いことしゃべろうと思って座ってないし。でも、みなさんキャラがいいので、ああ、こんな考え持ってるんだってところが面白いんだと思うんです」

 

一流アスリートたちが、浜ちゃんとのクロストークで意外な一面をみせる『ジャンクSPORTS』。

 

「最近のアスリートたちはしゃべりがうまいですね。いちばん最初に『ジャンクSPORTS』をスタートしたときのゲストだったガッツ石松、具志堅用高、輪島功一の3人は、とんだポンコツでしたからね(笑)。もう勝てないでしょ。この人らに代わる人はまだ出てきてないです。ポンコツ具合は。ハハハハ」

 

ボクサーのほかに、面白い人が多いスポーツは?

 

「野球選手も面白い。復活第1回のゲストで出てくれたソフトバンクの内川(聖一)選手もけっこうしゃべるしね。あんなに面白いんやなと思いましたけど、何かあったんかな。ハハハハ」

 

東京五輪を控えたスポーツ全般に視線が集まるなか、今後どんなアスリートが登場するのか。

 

「今からスポーツ選手の新しいスターを掘っていくのもいいかなと思ってます。こんなやつおるんや! っていうのをね。有名な人はもう、そりゃ忙しいし、お金がかかるしね(笑)。今までどおり、アスリートの人たちの素をちゃんと見せていければ、もっとその競技を好きになってもらえたり、その選手を好きになってもらうようにできるんちゃうかな。そのために頑張りますわ!」