image

 

「ライブ序盤で結果発表をやります。もしチケットが売れなかったら、後は解散ライブになります」と真剣な眼差しで語るジョイマン高木晋哉(37)と、神妙な面持ちでうなずく相方の池谷和志(37)。7月7日から行われる15周年記念単独ライブ「ここにいるよ。」で“チケットが完売しなければ解散する”と宣言しているジョイマン。その発言は、本気なのか。インタビューマン山下(49)がインタビュー! 

 

ジョイマンは2003年に結成された中学の同級生コンビ。08年に独特なラップネタでブレークしMAX月収は180万円に!しかしその勢いは、長くは続かなかったという。

 

高木 ブレークした08年の翌年に1度だけ単独ライブをやったことがあったのですが、そのときはお客さんが20人しか来なかったです。

 

池谷 ブレーク翌年なのに、こんなに時代が動くのは早いんだと……。

 

高木 翌年だし、まだ余韻があったのでいけるだろうと……。それが鼻っ柱をボキッと折られて。そこから集客力のなさが如実に表れてきました。

 

池谷 こいつらはお客さんを呼べないと、ほかのライブにも呼ばれなくなりました。

 

高木 ブレーク時は営業に行ってもお客さんに「キスして~!」と言われ、舞台上でおばちゃんとキスしたりしていました(笑)。女子高生にも黄色い声援で、キモ可愛いと言われて……。でも人気もなくなってきてテレビに出ていないと「ただの気持ち悪いオジサンじゃん」ってなって。どんどん魔法が溶けていく感じがわかりやすかったですね。

 

山下 キモ可愛いからキモオンリーになったんですね(笑)。

 

高木 4年前にサイン会をやったのですが、誰も来なくて。1時間待ちましたが結局、0人でした。事前に50枚の整理券を配ったと聞いていたので、安心していたのですが……。

 

山下 その50人の整理券をもらった人はどこに行ったんですか?

 

高木 わからないです。

 

山下 ただの失踪事件じゃないですか(笑)。

 

そんな不遇なときを過ごしていたと思いきや、意外にも“サイン会で客ゼロ人事件”が好転へのきっかけになったという。

 

高木 サイン会でお客さんがゼロ人だった写真をTwitterに上げたんですよ。そうしたら反響があってメディアが取材に来てくれました。以前は「ジョイマンはどこに行ったんだろう」とすら思われず、完全に忘れ去られていました。それが「ジョイマンは今、お客さんが来なくて困っているんだね」と知ってもらえたんです。

 

山下 昨年末は深田恭子さん(35)がCMで持ちギャグのナナナナ~をやってくれましたよね。

 

高木 すごくうれしかったです。ただ僕も出られるかなと思っていたんですけど、結局お呼びがかからずで……。「CMを収録しました」という報告だけが来ました。

 

山下 ギャラはもらえたんですか?

 

高木 それがありがたいことにもらえまして。給料明細にネタ著作料と書いてありました。

 

山下 へ――!ギャグにも印税が発生するんですね。

 

高木 あと今年は『R-1ぐらんぷり』の前説をやらしてもらえて、それがけっこうウケたんです。MCの雨上がり決死隊の宮迫博之さん(48)が前説後にわざわざ僕らのところに来てくれて。「今年、ジョイマンあるな」と言ってくださりました。

 

山下 ところでチケット発売から5日が経ちますが、いま何枚売れているんでしょうか?

 

池谷 僕らもまだ知らないんですよ。

 

マネージャー 458枚中350枚売れてます。

 

一同 おおお!(自然と拍手が起こる)

 

今年のジョイマンは解散どころか、飛躍の年にナナナナ~ナナナナ~ナナなりそう!

 

 

ジョイマン15周年記念単独ライブ「ここにいるよ。」

 

【日時】

2018年7月7日(金)開場19:00/開演19:30(公演時間約120分)

 

【出演】

ジョイマン

 

【料金】 

前売:2,800円/当日:3,300円

 

※公演にNTTぷらら ひかりTVチャンネル4K放送の生中継が入ります。

※お客様の映り込みの可能性がございますので、予めご了承ください。