山田邦子「あのコすごい! ガンバレルーヤよしこにジェラシー」

「大橋巨泉さんのような冠番組を目標に頑張っていたんです。うれしかったですね。番組の企画を毎回考えるのも楽しかった」

 

今年で芸能生活40周年を迎えた山田邦子(58)。ゴールデンタイムで、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系)、『山田邦子のしあわせにしてよ』(TBS系)、『邦子がタッチ』(テレビ朝日系)など、冠番組を持った唯一の女性ピン芸人であり、NHK「好きなタレント調査」では8年連続第1位。’80年代から’90年代にかけてレギュラー番組を数多く抱え、多忙を極めた。

 

「(「好きなタレント調査」の)上位に上がってくると皆の扱いがよくなってきました。ギャラが上がったり、銀行に行くとお菓子が出てきたり(笑)」

 

山田邦子のあと、ゴールデンタイムで冠番組を持つ女性ピン芸人はいない。“ガラスの天井”を突き破る女性芸人は、もう出ないのだろうか。

 

「今の女性芸人は体張って、すごく頑張ってる。私は“汚れ”が好きで、体張るのも好きなんだけど、事務所が結構NGでした。落とし穴に落ちるとか、顔にバンッとケーキを投げられるとかやりたくって、うらやましい。それに仲間がたくさんいますよね。私はずっと1人だったから、いいなあと思います。『日本エレキテル連合』は自分でネタを作って面白いと思います。あとはガンバレルーヤよしこ(28)。あのコはすごい、太刀打ちできない。大砲で打ち上げられて、10メートルくらいドーンと飛んで見事にプールにダイブするときなんて、カメラ目線で笑いながら飛んでいったんですよ。あれはできないわ。今でも脳裏に残っている。悲惨な感じがしないところがすごい。ちょっとジェラシーですよ。私もやりたいのに、誰も私に飛んでくれと言ってこない(笑)」

 

今年は舞台『山田邦子芸能生活40周年記念公演「山田邦子の門」』(東京公演・紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYA・5月22~29日/名古屋公演・名古屋市青少年文化センター アートピアホール・6月5~6日)も控えている。

 

「昔、女子プロレスラーだった人が主人公のコメディ。歌と踊りがふんだんに出てくるショー仕立てでイケメンもたくさん出てきます。最近はプロレスラーもイケメンぞろいで、女性ファンが増えているんです」

 

40周年を迎えて思うこと――。

 

「’07年に乳がんになり、今応援してくださっている方、大好きと言ってくださる人たちと、一緒に仕事ができることが大事なんだなと気がつきました。生き方が丁寧になって充実感が違ってきましたね。今は桜を見てもな~んて奇麗なの。すごいなあって感動のしっぱなし。早期発見で治療もうまくいきましたが、毎年、あと何回、桜を見られるのかなって思いますね」

 

病気がきっかけで芸能界の友人と「スター混声合唱団」を結成、団長として全国各地でチャリティコンサートを開催している。最近はファンたちとの「女子会」も。

 

「きっかけは断捨離です。おびただしい数の衣装やアクセサリー、スカーフ、昔のレコードがあるので、バザーをするとファンの方は喜んでくれるの。こないだは皆で横浜散策。女子会という名のファンミーティングですね。今もいろいろな企画を考え中です」

 

そして今後は――。

 

「『11PM』と『プレイガール』をプラスしたような番組をやりたい。あとは物だけではなく頭の中も整理しなくては。来年還暦ですから、なんでも取っておくと、頭の中に入る余裕がなくなっちゃう、後は笑って過ごすこと。くよくよしても一日、笑っても一日。笑ってるほうが私に合ってるしね!」

関連カテゴリー: