「策略をめぐらせて…」SixTONESの話題づくり戦略

ようやく踏み出せる第一歩。1月22日にシングル『Imitation Rain/D.D.』(同時CDデビューするSnow Manとの両A面作品)でデビューしたSixTONES(ストーンズ)は、全員がジャニーズJr.歴10年以上という下積みの長いグループだ。

 

これまで何度も、デビューのチャンスをつかみかけては逃してきた彼らだけあって、現在開催中のアリーナツアーでは、感極まって涙ぐんでしまう場面もあった。そんなメンバーが、デビューを迎えた今のありのままの思いを本誌に語ってくれた。

 

■「変化じゃなくて、進化を見せていきたいんです」田中樹(24)

 

――デビューへの思い

 

正直、あんまり何かを思ったりしないんですよね。それは冷めてるわけじゃなくて、変化することがすごく怖いから。好きなことができなくなったり、窮屈さを感じたりするようにはなりたくないなって。

 

だから、冷静でいられるように、CDを出すっていう1つの仕事だと捉えています。変化じゃなくて進化を見せていきたいんです。

 

――自分について

 

簡潔に言うと、MCとラップかな。MCは、やろうと思ってやったわけじゃなくて、自然とそうなっていったって感じ。ラップは10年以上やってるけど、ちゃんと向き合って勉強しだしたのはここ4、5年くらい。リリックを書く機会が増えたから、自分が書く意味を見いだしたくて。

 

趣味で書くときはただ書きたいことを書くけど、パフォーマンスとして披露するなら、何かを勘ぐらせたり、いろんな形でウワサを巻き起こしたりできるように、“策略”をめぐらせて書くようにしています。

 

――メンバーについて

 

ジェシーはエネルギッシュで、パワースポットみたい(笑)。人の心を動かす力があると思う。高地(優吾)にはすごく感謝していて、長年一緒にいるから、俺らのイジりもひどくなってるんだけど、それを受け入れてくれる寛容さが魅力かな。

 

(森本)慎太郎は見た目のワイルドさに反して、すごく気が使えるヤツです。きょも(京本大我)は努力する才能がある人。やりたいことも着実にかなえてきてるしね。松村(北斗)は自分の世界観を持っていて、自分をカッコよく見せることにたけてると思います。

 

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

関連カテゴリー: