デヴィ夫人と同居女子大生明かす「夫人は寝相がよすぎて怖い」
対談中に大笑いする加藤万里奈さん。 画像を見る

いったいどういう関係なの!? デヴィ夫人(80)のそばでほほ笑む加藤万里奈さん(21)は現在、夫人宅に居候中ーー!

 

加藤「夫人から自宅に電話がかかってきて。『あなたの部屋が完成しました。いつ来てもいいですよ』という言葉を聞いたときは驚きました。すぐに家族会議を開いて“まずはよく考えよう”と。でも“貴重な経験になるからありがたくお受けしよう”と決めました。一緒に暮らすようになって1年4カ月がたちますが、毎日が新鮮です」

 

黒髪が印象的な21歳の現役大学生・加藤万里奈さん。彼女が語る“夫人”とはあのデヴィ夫人だと聞けば、驚かずにはいられない。

 

もともと知り合いだった2人の同居のきっかけは加藤さんが実家のある茨城県水戸市から片道3時間かけて通学していることを知った夫人の“私の家から大学に通えばいいじゃない”の一言だった。都内の高級住宅地にある夫人の別宅をリフォームし、彼女のための寝室も用意されたのだ!

 

夫人「一緒に住むのは楽しいですよね。私、スマホの使い方がわからないんですけど、LINEも彼女がやってくれるので助かりますし」

 

加藤「血の繋がりがあるわけではないですし、最初はなぜここまでしてくださるのだろう、と信じられませんでしたけどね。私の実家に来て母とも話してくださいましたし。母とはちょくちょく電話や手紙のやりとりをしてくださって」

 

2人の出会いは約7年前にさかのぼる。

 

加藤「たぶんバラエティ番組『イッテQ!』を見たのかなあと思いますが、中学1年生のころからずっと夫人が大好きでした。夫人を見た瞬間、“この方に会わなきゃいけない”と思ったんです。顔が好きとか、そういうことでない、インスピレーションみたいなもの。“会ったら、きっと私の人生が大きく変わる!”って思いました。周囲は冷ややかに見ていたと思います。あるとき、将来の夢を発表することがあって、『デヴィ夫人に会うことが私の夢です』と言ったら、先生から『現実的でない』と注意されたこともあります」

 

まだ中学生だった彼女は、夫人に会うため、SNSを駆使して夫人の行動や交友関係をとことん調査。夫人と友人だという人がいれば、迷わず会いに行ったが、無駄足のことも少なくなかったという。しかし、努力のかいあって、数年後、夫人が開催したパーティに潜入することに成功した。

 

夫人「初対面は、うるさいコだなあという印象でした。私、好きじゃないですよ、うるさいコ(笑)」

 

加藤「でも、それは私の戦略だったんですよ。そのときは、たとえ嫌われてもいいから、夫人の記憶に残ることをしようと決めていましたから。話題になるネタをいろいろ集めて、会った瞬間から話が途切れることのないようにしゃべり続けました(笑)」

 

夫人「悪く言えばストーカーですよね(笑)。ただ、その積極性と行動力は素晴らしいと思います」

 

そう話す夫人だが、同居生活では困っていることが。

 

夫人「人前で私にタメ口を使うのはやめたほうがいいんじゃないかと思います。私ひとりのときはいいんです。でも、ほかの方がいる前でも私にタメ語で話すので、みなさんビックリされるんですよ。いったいこのコは何者? って(笑)」

 

加藤「いつも人がいなくなったあとで叱られます」

 

夫人「まあどこに連れていっても誰とでも話せる社交的なところは素晴らしいと思います。ただ、少し私に気を使ってほしいわ(笑)」

 

加藤「一応、気を使ってますよ!」

 

夫人「全然使ってないわよ(笑)」

 

息の合った掛け合いを聞けば聞くほど仲のよさがうかがえる。そこで、加藤さんと暮らしてよかったことを聞くと、「足裏をもんでくれる」とうれしそうに話す夫人。

 

夫人「すごい力があるので気持ちいいんです。それに動物好きなところや映画など、趣味が合うので一緒にいろいろな場所に出かけられるのは楽しいですね。最近は、韓国の時代劇を見ています」

 

加藤「この前、渋谷の映画館に一緒に『コンフィデンスマンJP』を見に行きましたね」

 

最後に、加藤さんがデヴィ夫人の意外な生活実態を明かしてくれた。

 

【寝相がよすぎる!】

 

加藤「夫人は寝相がよすぎて全く動かないところが逆に怖いんですよ。世界一きれいな寝姿でギネス記録をとれそうなくらい」

 

夫人「あおむけで寝ると顔にシワが寄らないのよ」

 

【お料理が上手!】

 

加藤「オニオングラタンスープや野菜のビシソワーズ、あと、鯛のだしの味噌汁がおいしかったです」

 

夫人「よく鯛が送られてくるのを塩焼きにするでしょ? それで残った骨をだしに使うとやっぱりおいしいんですよ」

 

【美容をしない!】

 

加藤「すっぴんも驚くほどきれいなんですが、意外にエステに行ったりパックをしたりはしないんですよね」

 

夫人「面倒くさいから、いただいたクリームをちょっと塗るくらいね」

 

加藤さんは個性的なキャラクターで、対談中も夫人を笑わせていて仲のよさがうかがえました。

 

「女性自身」2020年9月29日・10月6日合併号 掲載

関連カテゴリー: