image

(写真・神奈川新聞社)

 

川崎市多摩区の多摩川で今月2日、横浜市瀬谷区の少年(18)が全裸で死亡しているのが見つかり、県警が事件の可能性もあるとみて捜査していることが7日、捜査関係者などへの取材で分かった。

 

捜査関係者などによると、少年は2日午後5時40分ごろ、川崎市多摩区登戸の多摩川で、河川敷から2メートルほど離れた位置であおむけの状態で浮いているのが見つかった。消防が引き上げたがすでに死亡しており、死因は溺死と判明。遺体の状況から長時間、水の中にいたとみられる。目立った外傷はないといい、県警が事件と事故の両面で調べている。関係者によると、少年は11月下旬から行方が分からなくなり、母親が捜索願を出していたという。