image

(写真・神奈川新聞)

 

3月3日の桃の節句に合わせ、ひな人形やつるし飾りを紹介する特別展が、郷土資料館「チャッキラコ・三崎昭和館」(三浦市三崎)で開かれている。

 

市民から寄せられた昭和初期から50年代のひな人形や、スタッフらによる手作りのかわいらしいつるし飾りなど約60点が展示されている。三崎地区では漁の繁忙期を避けるため、ひと月遅れの4月3日にひな祭りを祝う風習があり、展示期間は4月10日まで。

 

午前10時から午後4時まで。入場無料。水・木曜休館。問い合わせは、同館電話046(882)3156。