【沖縄16スポット】日本一早い桜まつり&花まつりを見に行こう!
写真提供:本部まつり実行委員会

 

ヒマワリ、コスモス、チューリップも見逃せない

いよいよ桜の季節が始まり、この季節の沖縄は、各地で桜まつり・花まつりが目白押しです。

家族や友人、大切な人と出掛けてみては?

 

第41回もとぶ八重岳桜まつり(本部町)

 

7千本の桜が彩る
標高453メートルの八重岳一帯に、約7千本の寒緋桜が咲き誇る桜まつりです。期間中の土日は出店もあります。

 

【場所】八重岳桜の森公園(本部町字並里921)マップはこちら
【期間】1月19日(土)~2月3日(日)
【料金】無料(※)
※入場は無料ですが、八重岳一帯の自然を守るため、来訪者ヘ協力金をお願いいたします。協力金基本額=普通乗用車及び軽自動車500円、自動二輪車500円、マイクロバス3000円、大型パス5000円、その他車両500円
【電話】0980-47-2700(本部まつり実行委員会)

 

第57回名護さくら祭り(名護市)

 

遊歩道でのんびり花見散歩
名護城(なんぐすく)一帯に整備された名護中央公園には鮮やかなピンクの寒緋桜が咲き誇り、ピンク色に包まれた約2キロの遊歩道で夢見心地の散歩を楽しむことができます。展望台からは海と桜の共演も。特設ステージや市街地トランジットモールなどでは各種催し物を開催。

 

【場所】名護市中央公園、お祭り広場特設ステージ(さくら公園)、名護十字路大通り、名護漁港構内
【期間】1月26日(土)・27日(日)
【料金】無料
【電話】0980-53-7755(名護さくら祭り実行委員会)

 

第12回今帰仁グスク桜まつり(今帰仁村)

 

幻想的な夜桜が見もの
世界遺産・今帰仁城跡に咲く桜は情緒たっぷり。日没後の幻想的なライトアップと、美しい夜桜が見どころです。期間中は、北山王・王妃との記念撮影会や伝統芸能披露、琉装体験など盛りだくさん。

 

【場所】今帰仁城跡(今帰仁村字今泊5101)マップはこちら
【期間】1月26日(土)~2月11日(月)ライトアップ時間 18時~21時(最終入場20時半)
【料金】大人400円、小中高生300円、幼稚園以下無料 ※団体割引あり
【電話】0980-56-2256(今帰仁グスク桜まつり実行委員会)

 

第13回やえせ桜まつり(八重瀬町)

 

南部の名所 夜桜も
本島南部の桜の名所としても知られる八重瀬公園では、桜の夜間ライトアップ&イルミネーションが行われ、夜景とともに花見を楽しむことができます。2月3日(日)は、ステージイベントの他、町産品・特産品の展示販売、会場周辺の名所・史跡を巡るガイドツアーなど、多数の企画を用意。

 

【場所】ライトアップ:八重瀬公園(八重瀬町富盛) ステージイベント:やえせのシーちゃん広場(八重瀬町東風平)
【期間】ライトアップ:1月25日(金)~2月11日(月)18時~21時 ステージイベント:2月3日(日)11時~17時
【料金】無料
【電話】098-998-2344(やえせ桜まつり実行委員会)

 

なはさくらまつり19(那覇市)

 

那覇市内で桜を満喫
那覇市内の公園に咲く桜を眺めながら、ゆったり散策はいかが?最終日にはステージイベントも。駐車場は公園向かいの赤十字病院駐車場(有料)を。

 

【場所】那覇市与儀公園
【期間】2月20日(水)~24日(日)
【料金】無料
【電話】098−855−2552(全沖縄花木生産組合)

 

第14回 那覇美らさくらまつり(那覇市)

 

イベントも盛りだくさん
地域の人々が中心となって漫湖公園で開催されるお祭り。エイサーやダンス、民謡ショーなど、ステージのプログラムが盛りだくさんです。グラウンドゴルフ大会が行われるほか、健康相談やヤギのふれあいコーナーも設置されます。

 

【場所】漫湖公園古波蔵側中央噴水広場
【期間】2月9日(土)~10日(日)
【電話】098−853−3554(那覇美らさくらまつり実行委員)

 

うるまヌーリ川 桜並木めぐり(うるま市)

 

川面に映る桜を楽しむ
川沿い約1.5キロに600本以上の桜並木。川面の映る桜を眺めながら散策が楽しめます。見頃は2月上旬~下旬(満開は例年2月中旬)。

 

【場所】うるま市ヌーリ川川辺(田場橋~港原橋間)
【期間】元旦桜(開花)~バレンタイン桜(満開)~春分の日(名残桜)
【料金】無料
【電話】070−5818−8055(うるま市ヌーリ川桜まつり実行委員会)

 

第3回 もとぶ・伊豆味クメノサクラ祭り(本部町)

 

華麗な白い桜を鑑賞
沖縄の紅色の桜「寒緋桜」とも、県外のソメイヨシノとも違う独特な白い桜・クメノサクラを楽しめます。開花期間中、伊豆味駐車場が会場となり、桜を鑑賞できます。

 

【場所】伊豆味駐車場(本部町伊豆味95番地)
【期間】3月の第2日曜日前後にオープン予定(開花時期による。3月末頃までを予定)
【電話】0980−47−2300(本部町伊豆味区事務所)

 

多彩な花が楽しめる 海洋博公園

 

海洋博公園では、「花で書く海の世界」をテーマに色鮮やかな草花で公園全体を彩る「美ら海花まつり」や約2万点のランが展示される国際規格のビッグイベント「沖縄国際洋蘭博覧会」、8万球のカラフルなチューリップが楽しめる「チューリプフェア」などを開催。多彩な花々を堪能できます。

 

■チューリップフェア

【場所】海洋博公園 熱帯ドリームセンター
【期間】1月19日(土)~2月3日(日) 8時半~17時半
【料金】大人760円、中学生以下無料
※天候の影響により開花時期が前後する可能性あり

 

■美ら海花まつり

【場所】海洋博公園 噴水広場付近他
【期間】1月26日(土)~2月24日(日) 8時半~18時
【料金】無料

 

■沖縄国際洋蘭博覧会

【場所】海洋博公園 熱帯ドリームセンター
【期間】2月2日(土)~11日(月) 8時半~17時半
【料金】大人760円、中学生以下無料
【電話】0980−48−2741 海洋博公園管理センター

 

第19回 花の里ガーデンフェスタ2019(名護市)

 

名護さくら祭りと同時開催。花木の展示即売コーナー、花と緑の講習会(土曜・日曜午後1時~)はガーデニング好き必見。お楽しみガラポン抽選会、飲食コーナーもあり、家族で楽しめます。

 

【場所】名護漁港(名護さくら祭り専用駐車場内)
【期間】1月25日(金)~27日(日)9時~18時半
【料金】無料
【電話】0980−52−0850(花の里ガーデンフェスタ実行委員会)

 

第34回 沖縄の花まつり(那覇市)

 

「花き」に対する県民の理解を深め、花きの消費拡大を推進することを目的にしたイベント。第34回沖縄県花き品評会、第30回フラワーデザインコンテストなども併せて開催。

 

【場所】奥武山運動公園 県立武道館アリーナ
【期間】1月26日(土)~27日(日)10時~18時
【電話】098−866−2266 沖縄県花き園芸協会(事務局:沖縄県農林水産部園芸振興課)

 

ひまわり IN 北中城(北中城村)

 

第11回を迎える「日本一早いひまわりまつり」。約1万6000平方メートルの敷地に10万本のひまわりが咲き誇ります。今回は会場を区分けしてオーナーを募集し、種まきや水やりをしてもらいました。それぞれに趣向を凝らせたひまわり畑です。

 

【場所】北中城村しおさい公苑近くのひまわり畑
【期間】2月中旬頃~3月上旬頃 10時~16時
【料金】無料 ※開花時期は気候などにより変動するおそれあり
【電話】098−935−2233 内線416(北中城村まつり活性化委員会)

 

伊芸区コスモスまつり(金武町)

 

伊芸区公民館の隣の田んぼに、コスモスが咲き誇ります。まつり当日は畑に入ってコスモス20本まで摘み取り可能。まつり当日以外でも、開花期間中は畑の外から見学ができます。

 

【場所】金武町伊芸区(金武町字伊芸778−1)
【期間】2月中旬~下旬 (開花時期による。詳しくは問い合わせを)
【料金】無料
【電話】098−968−2147(伊芸区公民館)

 

第2回 今帰仁村オープンガーデン(今帰仁村)

 

今帰仁村内22カ所の民家の庭を回ることのできるイベント。一日では回り切れない内容です。来場の前に鑑賞パスポートをご購入下さい。

 

【場所】今帰仁村内22カ所
【期間】2月2日(土)~11日(月)10時~17時
【鑑賞パスポート】500円(高校生以下無料)
【鑑賞パスポート販売場所】今帰仁の道そーれ、橋の駅リカリカワルミ、今帰仁グスクチケット売り場、あいあいファーム、呉我山共同売店、北山商店、今帰仁村商工会(平日のみ)、今帰仁村観光協会(平日のみ)
【電話】0980−56−5613(今帰仁村オープンガーデン実行委員会)

 

第36回 沖縄花のカーニバル2019(コンテスト)

 

「花メッセージ」コンテスト

 

花や樹木のある沖縄の風景やイベント等の賑わいと活動風景、花や緑で飾られた自慢のお庭や会社敷地等を写真に撮ってコンテストに応募してみませんか?入賞者にはすてきな賞品をプレゼントいたします。インスタグラム部門、一般家庭部門、スクール部門、事業所部門にチャレンジでき、応募期間は1月31日(木)まで。応募要項はURLからチェックを。第36回 沖縄花のカーニバル2019 (https://www.okinawastory.jp/event/600009744)

 

(1月17日週刊レキオ掲載)

関連カテゴリー:
関連タグ: